読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部イイことだらけ。

時系列、気にとめず

思いついたままに書き留めていきます。

つい最近、生まれてからの

大きな課題を卒業しました。

きっかけにも気づかず

前触れもハッキリ確信できず

いつも、ほらっ!もう今だよ。って

 

私は、血縁関係にある人たちと

ご縁の薄い今世ですが

その代わりに、血縁に関係なく

自分の大切な人たちがいると

感じ、学ぶことばかりです。

小さい頃から、ずっと受け止め続け

どうする事も出来なかったことを

手放せました。

私と家族とは

まるでタイプが違います。

家族は各々、多少の違いはあっても

いつも、満たされないと感じ

愛情を周りに求め

足りないものに目がいってしまう。。。

そして時に感情が爆発してしまう。

その思いを共有できず

そんな時には萎縮してしまって

対話することができないまま

心がなかなか通じないまま、大人になり。。。

年齢を重ねるほどご縁は薄まる一方で、、、

でも、そういうタイプの人にも

ちゃんと、自分の思いを伝える。という

課題を卒業しなきゃでした。

つい最近まで、ある方のおうちで

居候生活を1年以上、、、

とっても大切に、とっても良くしてくれ

こういうご縁もそうそうあるものではないですね。

血縁関係の人以外で

同居したのもお互いに初めて。

そして、たくさんたくさんいろんな話をしてきました。

その人は元々ハッキリした性格の持ち主ですが

少し前からその人にいろんなことが重なり、気持ちが荒ぶり。

どうしたものかと。。。

以前、家族の話題の時に私も少し似てるかも。と

本人は言ってましたが、私はそんな風には思わず。

でも、最近のご乱心をみると

家族と共通するところがハッキリ見え

いろいろ頭に浮かぶことが出てきます。

なぜ、こんなにも長く居候させてもらえたんだろう?

めったにないご縁は、お互いの学びのためだったのだと。。。

私にとっての学びは、

普段からちゃんと対話をし、深くお互いを知り、

信頼関係を築き、

その上で、感情が荒ぶってしまっている人を目の前にしても

自分の思いをちゃんと伝えること。。。

それをすることで、1つ学びが終わるのだなー。と

そして、その話をつい最近して

その人の元から、離れ今は別の場所へ。

ただ、形態が変わるだけで

ご縁は続きます。

最初は、なにも準備もせずの状況でしたが

大丈夫です。

ちゃんと良い方向にいきます。

全部イイことだらけ。だと確信があるので。

私に、ちゃんと課題を卒業させてくれたその方。

次の下宿先にと受け入れてくれた方。

そして、外国の地でも、

心から大切で、気持ちが通じるいろんな人。

ただただ、小さなこ。のように

甘えさせてくれるお父さんやお母さんのような存在。

こんなにも幸せだと。感じる毎日です。